« FPGAによるVGA出力つづき... | トップページ | W-ZERO3[es] »

2006年6月30日 (金)

W-ZERO3でSDIOカード

W-ZERO3、モデルも新しく追加されたことだし、今度こそ買おうと思っています。

節約を進めていた自分としては、固定費削減みたいなのは重要で、特に通信費
が結構かかっていたのであまり新規契約は気乗りしないんですが。

ただ、W-ZERO3は、外部に機器を接続することは無理なのかなと思っていました。

そしたら、素晴らしいものが!
miniSD→SD変換基板

これは、W-ZERO3のminiSDスロットにフルサイズのSDカードを挿入させるアダプタです。
しかも、W-ZERO3は、SDIOに対応していて、Bluetoothカードなども挿入できる
らしい。

購入決定です!(W-ZERO3も、アダプタも)

|

« FPGAによるVGA出力つづき... | トップページ | W-ZERO3[es] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W-ZERO3でSDIOカード:

» miniSD → SDスロット変換基板 [W-ZERO3活用研究所]
 この製品は「日曜エンジニアの日記」というblogを見て知りました。  無いものは作れ!?の製品でminiSDを SDスロットに変換してしまう基板を作ってしまった人が・・。通販もやっているようで、2800円だそうです。ワンオフ品にしては安いかも。そしてminiSD → SDスロット変換基板の通販ページはこちら。 どちらかと言えば完成製品というより開発環境、実験環境の補間をする製品という感じ。元々、W-ZERO3はSDIOの対応を表立って認めているわけではないので、SDIO製品を使うこと自体が自己責... [続きを読む]

受信: 2006年6月30日 (金) 11時23分

« FPGAによるVGA出力つづき... | トップページ | W-ZERO3[es] »